訪問看護師になるには

訪問看護師は、社会的背景を抱えて着実に需要が高まっています。そのためか、社会貢献に対する意識や、高まる需要を見込んで訪問看護師を目指す人が増えてきました。では、訪問看護師なるためにはどうすればいいのでしょうか?

■訪問看護師に必要なこと■
訪問看護の仕事は、決して簡単なものではありません。患者さんに対するベストなケアを行うため、高い技術と深い知識、その両方が求められます。時には、臨機応変な対応や決断力が必要になる場面もあるでしょう。訪問看護師を目指す人は、それらを踏まえて技術や知識をしっかりと学んでおくことが大切です。

□資格を取る
訪問看護師は、実は看護師の資格さえ持っていれば勤務することができます。更に上を目指すのであれば、訪問看護のスペシャリスト「訪問看護認定看護師」の資格取得をオススメします。高いクオリティの医療を患者さんに提供することができ、訪問看護ステーションで働くメンバーへの指導やアドバイスもできるようになるため、キャリアアップに繋がります。
訪問看護認定看護師の資格取得には、臨床経験や専門機関での教育課程を終了させる必要がありますが、その分大きな効力があるのです。

□e-ラーニング研修を受ける
簡単にいつでも行える、e-ラーニングで勉強するという手があります。インターネットが使用できればスマートフォンでも勉強ができるので、手軽に始めることができます。ただし、身に付くのは知識のみのため、実務経験が必須だということには気をつけておく必要があります。

□研修が充実した訪問看護ステーションで直接働く
訪問看護師としての一番の近道は、研修制度が充実している訪問看護ステーションで働くことです。研修期間に訪問看護師として必要な知識を習得することができ、そのまま実際の現場でキャリアを積むことができます。

訪問看護師を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です