早めの計画がキャリア構築の第一歩

看護師がキャリアアップを目指すためには、計画性が大切です。目標をしっかりと決めて、必要なスキルや資格を計画的に身につけましょう。

■目標を決める■
看護部長や主任などの管理職を目指すのか、専門分野を極めるなど、自分がどうなりたいかをまずは考えましょう。次に必要なキャリアパスを考えて、目的とマッチする職場を選択することが重要です。

□管理職を目指す
総看護師長や看護部長などの管理職になるための方法は、病院の規模や運営方針で違います。中には、日本看護協会が行っている認定看護管理者の資格を必須としている病院もあります。どの病院でも共通している条件は、「豊富な知識と経験を有していて、リーダーシップが取れる」ことです。

□スペシャリストを目指す
専門性の高い看護師を目指す場合、認定看護師などの資格取得を目指すのが良いでしょう。取得には臨床経験や単位の取得が必要になることもあるため、タイミングを逃さないことが大切です。また、認定看護師の資格取得支援が受けられる病院もあるので、就職や転職の際はしっかりと応募要項を確認し、有利にスキルアップできる職場を選択するのが良いでしょう。

□転職する
病院によって、看護師が担う役割は大きく異なります。働いてみて、自分が目指している目標から遠いなと感じたら、早めに転職するのも良いでしょう。転職する際は、病院の専門性の高さや業務の広さなど、事前に情報収集をしっかり行うのが大切です。情報収集に自信が無い方は、看護師の求人に詳しいコンサルタントを利用するのも良いですね。

看護師としてのキャリア構築を行うには、早い段階から準備をしておくに越したことはありません。早めに目標を決めることが、夢の実現の第一歩なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です